思いのほかつながりがあります

-

-

現実にPCの画面の前に座り上下しているレートを目を向けていると、何やらエントリーをしなくてはいけないという抑えようの無い感情に影響される人も少なくないと思います。格安スマホの料金プランについて考える

だけど、なんとなく勘で売買するのは、絶対に避けてほしい。

ご存知の通り、相場は年中常にどこかの為替相場がオープンしているし、為替レートも変化しています。

しかし、何度も取引をすると、それだけ損失を被る率が高くなってしまいます。

無論、取引の回数を経験することによって、じょじょに稼げる確率か五分五分になるのは事実。

しかしそれは「なんだか分からない感覚で売買」してしまうこととは別の話だ。

取引回数を積むというのは、自ら「ここだ!」と考え付いた確信を持ったうえでの注文回数を積むという事を言っています。

理由がなく、のべつ幕なし注文を重ねるのとは違う。

マーケットの勝負に敗北しないためには、自ずから意識して緩急をつけることが大事です。

「ここはいける」と思い至った為替相場の時には、思い切って所有ポジションを増やして利益を追い求めます。

「少し頭をかかえる相場で、どうなるか読めないな」と思った時は潔く諦めて所有ポジションをひとつ残らずクローズして静観します。

それぐらいのメリハリがあったほうか、最終的に売り買いは勝利します。

為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

文字通りその通りだと思います。

FXとはいついかなる時でもポジションを所持する事が大事ではなく、ポジションを持たないでじっと待っている事も状況によってはFXです。

それならば、どういった時に休む必要があるのでしょうか。

ひとつめは、先述の通り、直近のマーケットが今ひとつ分からない時です。

現状から上がるのか下がるのか明確でない時は、ヘタに動くと、自分の作り上げた物語とは異なった方向に外国為替相場が向ってしまい損をする事になります。

だから、そうしたケースではポジションを閉じ、様子をみるのがいいと思います。

次に、己のコンディションがよくない時です。

体の具合と外国為替市場に関係しないと思う投資家もいるでしょうが実際には思いのほかつながりがあります。

コンディションが悪い時は為替相場の大少なところで、必要な決定が難しくなります。

気乗りがしない時は、市場から離れる事も必要な事です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.shop-ursul.com All Rights Reserved.