税金面から言っても店頭取引と取引所取引

-

-

外為取引(FX)については取引所取引という場所がございます。

FX業者と取引を行うという行動を「店頭取引」と呼ぶのですがこの取引は取引所を通さないで売り買いのパートナーはFX(外国為替証拠金取引)企業になるのです。

「取引所取引」というのは外為取引会社はあくまで仲だちであり、ストレートの売買パートナーは取引所との事になります。

この相違をこちらで少々比べてみましょう。

最初に「店頭取引」のケースは預金しておるお金は外国為替証拠金取引(FX)会社に管制されています。

反面「取引所取引」の場面、その資金は全金額取引所にデポジットしなければいけないと決められています。

そうする事で万が一外為会社が破産するなんていう話が万が一あったとしても後者は、取引所によって資金は全額守護されているということになっています。

時は外為業者が管理しているため、状態により会社ダウンのしわ寄せをの傷を受けて預託していた証拠金は防護されないのです。

税金面から言っても店頭取引と取引所取引は規定に相違が存在します。

「店頭取引」では、変動利益やスワップ金利などを雑所得として給料と加算して申告しないといけません。

けれども確定申告しないで大丈夫な機会もあるみたいですので、わが身に該当するのかしないのか十分検討していただきたいです。

もしもアナタが会社員で年俸2000万円以下、給与の所得以外の所得が20万円以下(複数の事業者から賃金所得は無いということ)という基準を守っているのなら特別として確定申告は必要ありません。

外為利益が二十万円以上場合は確定申告をするようにして下さい。

税率は稼ぎに伴い5〜40パーセントの6個の段階に分類されていて、手取りが高ければタックスも高くなります。

「取引所取引」では、もうけがあるのならばそれ以外の稼ぎとは別で考えておいて「申告分離課税」の的になってしまうでしょう。

税金の率はすべて20%となるんですが、マイナスが決まったなら「取引所取引」のメリットとして赤字分を来年以降に繰越するということができるのです。

上記のように、「取引所取引」の方が低いtaxになる場合もありますので照らし合わせて研究していった方が良いと考えます。

中でもビギナーの方なら、ジャスダック株価の浮き沈みや円の動きに一日一日気配りし、利益や欠損分に興奮する事で、税金についての物事を忘れたかのようになってしまうこともあります。

損は困るのですが、手取りが値上がりすれば税金も金額が値上がりするので神経を使うのと自覚が肝要な点ですね。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.shop-ursul.com All Rights Reserved.